2009年01月06日

よりハイコストパフォーマンスの新チップ誕生! 人気ミニノートPCは、さらに低価格へ

20090106.jpgAppleのMacworldに続き、Windows陣営でも新製品発表ラッシュが期待されるConsumer Electronics Show(CES)の開催が迫る中、早くもFreescale Semiconductorが、低価格ネットブック向けの新チップ「i.MX51」の発表に踏み切った。ネットブック市場で優勢を保ちつつある、Intelの「Atom」プロセッサとは一線を画し、200ドル未満の格安ネットブック実現を確実なものにするパフォーマンスが秘められている。低価格化競争は、さらに今年に入って激化し、年内には実売2万円台のネットブックが、次々と登場してくる可能性も高い。



フリースケール、200ドルを切る低価格ネットブック向け新チップ発表へ
posted by riiet at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック