2012年10月25日

嵐の船出となった「Windows 8」の命運…早くも期待は次世代モデル?

20121026.jpg記念すべき発売ウィークのはずが、完全に話題の中心をライバルのAppleに奪われ、逆風の中でのリリースを迎える「Windows 8」だが、ややコストパフォーマンスでの魅力が薄れる新搭載モデルの顔ぶれに加え、Microsoftの前途多難な先行きを懸念する声も上がり始めている。対応ソフトウェアやアプリの不足、メーカーとの確執、新たな「Windows RT」タブレットや「Surface」の将来性などなど、危ぶまれる不安要素は数知れない。大幅なUI変更などを伴うWindows 8への移行は、より完成度が高まるService Pack 1(SP1)の完成を待つか、あるいは期待の「Windows Blue」こと「Windows 9」までは様子を見てみるのもよいかもしれない。



マウスコンピューター/G-Tune


ウソだよね? インテルCEO、まだWindows 8は未完成のままリリースされるとこぼしたらしい
posted by riiet at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック