2014年01月10日

まさかの商品化! 2014年に台風の目となるE-Ink搭載デュアルAndroidスマホ…

20140110.jpg

前面は普通に美しいHDカラー液晶ディスプレイを搭載するAndroid 4.2スマートフォンながら、いざ裏返すと目に優しいE-Inkディスプレイという、まさかのデュアルスクリーンモデル「YotaPhone」が、本当にロシアから発売された! 2013年1月に米国ラスベガスで開催されたCES 2013において注目を集め、シンガポールのODMメーカーとなるHi-Pとの提携で正式リリースへと漕ぎつけたYotaPhoneは、スクリーンをダブル搭載しつつも本体ボディーの厚みを9mmに押さえ、電子ペーパーによる超ロングバッテリーを実現しており、APIの公開で対応アプリの充実も期待される。この異色のスマートフォンこそ、今年の台風の目となって業界に旋風を起こす展開を楽しみにしたい。









ロングバッテリーより望まれるスマホの形とは? 驚きの次世代デュアルスクリーンに感じた意外なる未来…
posted by riiet at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック