2018年09月30日

MIRAIの先へ…水素燃料電池列車がドイツで大活躍!

20180930.jpg
電気自動車(EV)の普及が世界で進む中、大本命となるトヨタの水素燃料電池車「MIRAI」の盛り上がりは、やや寂しいものがある。水素ステーションの整備が、EV充電スタンドより大幅に遅れていることが要因とされているものの、自動車より燃料補填ポイントが限られる電車ならば…というアイデアから、いまドイツでは水素燃料で走る新列車「Coradia iLint」の運行が話題を集めている! フランスの高速鉄道「TGV」のメーカーのAlstomが開発を手がけ、現在はドイツ北部のブレーマーフェルデ駅を基点に、水のみを排出するクリーンエネルギーで走っている。今後も非電化区間を走るディーゼル車に代わって配備が進み、地球環境に優しい電車のスタンダードとなっていくかもしれない。


YOOX(ユークス) - 期間限定セール開催中!1万以上の人気ブランドのアイテムがスペシャルプライスに!!




posted by riiet at 22:00 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。