2019年05月27日

生き残れるスマホメーカーは? 空気入れまで作って売り出す多角経営ぶり…

20190527b.jpg


いまや厳しいシェア争いに巻き込まれているスマートフォンメーカー。その生き残り策は様々だが、このほど中国のXiaomi(小米科技)が発売した「米家充気宝」は、なんとiPodそっくりな洒落たポータブルエアポンプ! ホイールコントローラーのようなUIにて、液晶画面に表示される空気圧で自動的にエアを入れられるほか、暗闇での発光やオートストップ機能などなど、空気入れとしては申し分ない高機能に仕上がっている。いろいろコラボして多角的に展開すれば、まだまだスマホユーザーに訴求しつつビジネスチャンスを拡大する可能性は秘められているのかもしれない。


明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』



posted by riiet at 14:00 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。