2019年11月03日

楽天モバイルのMNO回線…第4の携帯電話キャリアになれるか?

20191103.jpg
これまでのMVNO(仮想移動体通信事業者)としてではなく、新たにMNO(移動体通信事業者)として、NTTドコモやau、ソフトバンクと並ぶ携帯電話キャリアとしてのサービス開始を目指している楽天モバイル。独自の仮想化ネットワーク技術により、低コストの設備投資で自前の楽天回線を整備し、総務省も期待する通信料金の価格破壊を呼び込むことが狙いだが、そのベータテストとなる無料サポータープログラムは前途多難の船出となった! 開通手続きのトラブルやローミングエリアでない都市部でも圏外になるなど、ユーザーの不満は絶えない。とはいえ、イー・モバイル以来の新事業参入とだけあって、なんとか今後の正式サービスインを応援していきたいところだ。





富士通 FMV LIFEBOOK LH




posted by riiet at 21:30 | Comment(0) | 会社概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。