2021年04月02日

楽天モバイルの葛藤…一部のユーザーしか業界最安にならない新年度スタート

20210402.jpg
データ通信無制限で使い放題なのに2,980円という業界最安値で、日本の携帯電話業界へ殴り込みをかけた楽天モバイル。しかしながら、各社が対抗プランを打ち出した、いわば楽天モバイル包囲網へのシフトによって、今年度からは同社の優位性が薄れてきている。例えば、先手を切ったのは、2GBで月額780円の「ギガプラン」を打ち出したIIJだったが、nuroモバイルの「バリュープラス」は3GBで月額720円というぶっとび価格で世間を驚かせた! OCNモバイルONEも値下げへ踏み切ったため、もはや1GB未満の超ライトユーザーないしは限りなく無制限という超ヘビーユーザー以外には、楽天モバイルのメリットが見出しづらい業界勢力図となってしまった。



アウトドア&フィッシング ナチュラム


posted by riiet at 12:00 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。